大人の挑戦ブログ

理学療法士が大人の挑戦を応援するブログ

【宇宙兄弟から学ぶチームの話】チームを発達させる4つのプロセスとは 

・大人数で何かに取り組もうとしている方

・4人以上のチームで仕事を行うことが多い方

・「宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話」が気になっている方

今回は上記のような方に向けて、書いていきます。

結論は、「チームの発達段階を知ることで適切な行動が出来る」です。

 

チームの発達段階を知るうえでつかわれるモデルが、アメリカの社会学者であるブルース・W・タックマンが提唱したもので「タックマンモデル」と呼ばれます。

 

タックマンモデルとは

タックマンモデルとは、チームは4つの成長段階を経て成果が出せる状態になることを示したフレームワークです。

本書では「タックマンモデル」をベースにチームの発達段階を以下の4つに分けています。

チームの成長には、4つの段階(ステージ)がある。

第1ステージ【形成期】フォーミング

第2ステージ【試行錯誤期】ストリーミング

第3ステージ【規範期】ノーミング

第4ステージ【達成期】トランスフォーミング

長尾彰,宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

 これらはすべてのチームで適応されて、かつ段階を飛ばすことはないとされます。

それではステージ毎に解説をしていきます。

 

第1ステージ【形成期】フォーミング

チームが結成され、目標に向かって動き出している状態がフォーミング期です。

動いてはいるものの初めて組んだチームの中で、自分の思っていることを言えなかったり、「誰かがやってくれるだろう」と自発的な行動を避ける傾向があります。

 

この時に必要なのは「コミュニケーションの量」です。

 

よく知らないメンバーや初めて集まる組み合わせでは、お互いに気を使ってしまい、発言をすることをためらってしまいます。

そこで、本題からそれた話題であっても、お互いを知るためのコミュニケーションをたくさんとることが大切です。

そうして、お互いに親近感が持てる状態になればおのずと発言をしやすくなります。この状態を本書では「心理的安全性の確保」といっています。

 

いわゆる「飲みにケーション」も新しく入ってきたメンバーを受け入れるためには良い文化であったのかもしれませんね。

 

第2ステージ【試行錯誤期】ストーミング

コミュニケーションの量を十分に取り、心理的安全性も確保できた状態だと、自然と自分の本当に思っていることも言えるようになります。

この時期をストーミング期といいます。

 

「もっとこうしたらいいのに」、「私だったらこうするのに」という個々の意見が自然と出てくるようになったチームの状態です。

この時期は意見が出てくるようになったのと同時に、意見の対立や衝突が起きるようになります。

そのため、この時期は一時的に作業効率の低下やチームのムードが悪い状態になりやすいです。

 

この時期を乗り越えるのに必要なのが、メンバーとの対話です。つまり、「コミュニケーションの質」が求められます。

 

お互いの考えを衝突させながらも対話を続けていき、考えをより良い状態で統合していくことが必要となっていきます。

 

ここまでを本書では「チームメイキング」の段階としており、ここを乗り越えた先にある2段階を「チームビルディング」の段階としています。

著者は実際のチーム作りではこの段階を超えられるチームは全体の2割程度であると言っています。それだけチームを作るという行為は難しいものなのですね。

 

第3ステージ【規範期】ノーミング

コミュニケーションの質も十分にあり、メンバーが対話の末に同じ方向に向いているチームが次に向かうのがノーミング期です。

この時期はすでにチームとしては完成しており、メンバーがそれぞれ役割を補完しあえる関係となっています。

 

メンバーの強みを生かした「役割」が生まれ、チーム内での暗黙のルールができ、数値では測れないチームとしての「目標」が生まれるとされます。

 

ここで大切なのが、不必要な干渉をしないことです。

「時間が空いたから君の仕事もやるよ」という姿勢は一見親切ですが、仕事を奪われた人がその仕事を楽しみとしていた時に、結果的にその人の強みや役割をつぶしてしまうかもしれません。

こうならないように、対話は継続して続けていく必要があります。

 

第4ステージ【達成期】トランスフォーミング

この時期は「達成期」の言葉が意味するように、今までの過程を経て大きな成果を達成した状態です。

チーム内はあうんの呼吸で動けるようになっており、達成した後も「ずっとこのチームでやりたい」というような帰属意識が生まれます。

 

そして、この時期は達成と共にチームの解散に向かう時期ともされています。

どれほど良いチームを作れたとしても、また別の課題を行うときは目的が変わるため、第1段階から行うことになります。

そのため、この時期でいられる期間はとても短い期間となります。

 

この時期に必要な行動はチームの振り返りです。

「どうして上手くいったのか」、「誰のどういう行動が良かったのか」こういった成功の振り返りをすることで、今後別のチームを組んだ時の糧になるとされます。

 

結論

著者はこの発達段階を知ることで、今自分のチームがどの段階にいるのかを知り、その中での自分が取るべき行動を考えるように伝えています。

また、これらは他のメンバーとも共有することでチーム作りを円滑に出来るとも話しています。

本書の中では自分の取るべき行動をわかりやすくするために、それぞれの性格に合ったリーダー像を「宇宙兄弟」のキャラクターに合わせて書かれているので気になった方はぜひ読んで見てください!

 

感想

今回この本を読んだのは近々、というか明日から期間限定の合唱団の企画を行うからでした。

今まではこういったことはイメージしてなかったのですが、実際に今までのチームを振り返ると、ステージ2よりも深くは踏み込めてなかったと感じます。

この本の内容を頭に入れて、次のチームの運営を行っていきたいです!

本日は以上です!

 

宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいく チームの話

 

 タックマンモデルについては以下の記事も参考にしてみてください!

toyokeizai.net