大人の挑戦ブログ

理学療法士が大人の挑戦を応援するブログ

バカにしてくる人との向き合い方

皆さんの周りにも自分のことをバカにしてくる人はいると思います。

そんな人に対して、相手にしなくてもいいとわかっていてもどうしても気になってしまうと思います。

そこで今回は自分をバカにしてくる人への対処法を調べてみたので書いていこうと思います。

 

バカにしてくる人ってどんな人?

相手をバカにする人には二つの共通点があるみたいです。

 

一つ目は、暇な人です。

他人を長い時間バカにする人は時間が空いていると言えます。職場の中で、仕事の出来る先輩を想像してもらえると、他人に注意する時間が短いかと思います。

僕の知る限り、本当に注意することでも5分もあれば話し終わります。

 

二つ目はストレスを持っている人です。

ストレスを持っている人は他人をバカにすることで、脳の中でドパミンを発生させ、快楽を得ているみたいです。長々と注意されているときなどは、注意されている人の問題よりも、している側のストレス発散となっている場合があるかもしれません。

 

これら二つを持っている人は実はかなり身近にいます。Yahoo!ニュースのコメント欄などで人をたたく人や、喧嘩をしている人など、ネット上で人をの悪口をいう人は上の二つ以外の何物でもないでしょう。

 

バカにしてくる人への対処法

ではどう対処したらよいでしょうか。

僕の尊敬するモチベーション紳士さんの動画ではこう書いています。

バカにしてくる人はネガティブな反応を待っているので、ポジティブに返答をする。そうすることで、相手は自分の期待通りの反応が返ってこないので、「こいつには何を言っても無駄だ」と感じて言って来なくなる。

またポジティブ思考の練習にもなるという事です。

 

ちなみに僕は無駄にバカにしてくる人には関わらなくていいと思っています。時間の無駄なので。みんなに好かれよう、みんなと仲良くなろうとする必要は社会人になってからは必要ないと思っています。

もちろん、自分のことを思って注意してくれている人は大切にしなければなりません。

ただ、みんなに好かれる必要はないと考えることは、今を生きるうえで大切な思考だと思います。

 

あとがき

タイトルにバカにしてくる人への向き合い方と書いてありますが、向き合う必要なんてないです。「こいつはストレスが溜まってんだな。かわいそう。」くらいに思ってやりましょう!

 

今回の記事は↓の動画を見て考えました。いい動画なのでぜひ見てみてください!

では、よい週末を!


「バカにしてくる人」の対処法