大人の挑戦ブログ

理学療法士が大人の挑戦を応援するブログ

マズロー先生の欲求5段階説とテニスの位置

今回はアブラハル・マズロー先生の欲求5段階説について書いていきます!

アブラハル・マズローの欲求5段階説とは

心理学者アブラハル・マズロー先生が「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」として、人間の欲求を5段階に分けたものです。

この5段階は1つ下の欲求を満たすとその上の欲求が出てくると言われています。

 

欲求5段階説

第1段階 生理的欲求

生きていくために必要な欲求を指します。「食欲」「睡眠欲」がこれに当たります。

飲食店やスーパーなどの商売はこれをターゲットにすることになります。

 

第2段階 安全欲求

安心・安全な生活を求める欲求です。病気や不慮の事故などを回避したり、何かあったときのために保険に入ろうとしたりするのもこれに当たると思います。

 

第3段階 社会的欲求

家族や友達、社会から受け入れられたいという欲求です。うつ病や引きこもりの原因としてこの社会的欲求が満たされないために起こるとも考えられます。

 

第4段階 承認欲求

他者から承認されたい、認められたいという欲求です。ブログやSNSのターゲットでもあり、現代日本人のほとんどがこの段階にいると考えられます。

 

第5段階 自己実現欲求

自分の世界観、人生観に基づいて、「あるべき自分になりたい」と願う欲求です。

5段階とされていますが、マズロー先生は他の4つの欲求は「欠乏欲求」であるのに対し、この欲求は「存在欲求」であり、他の欲求とは異なるとしています。

 

現代日本人のほとんどの方は「社会的欲求」もしくは「承認欲求」の中にいると考えられます。

そして、僕の関わっているテニス事業は「承認欲求」もしくは「存在欲求」の中で商売をすることになると思います。また、理学療法士として病院で働く際は「生理的欲求」もしくは「安全欲求」の方を対象とすることが多いと考えられます。

このように自分の行なっている仕事がどの段階の人をターゲットにしていて、その人は何を満たしているのかを考えることも役に立つのではと思います!