大人の挑戦ブログ

理学療法士が大人の挑戦を応援するブログ

使えばよかったタクシー広告 ~テニスクラブの広告〜

今日はテニスクラブの広告についてです!

僕のテニスクラブは3年ほど前に開業をしたのですが、その時に使っておけば良かったと思うのがタクシー広告です。

今回はそんなタクシー広告について書いていきます。

 

タクシー広告とは

タクシー広告はタクシーの車体や助手席裏、運転席裏などについている広告です。場所によりますがはがき程度の広告や車体のラッピングなど1000円~35000円/台・月程度の幅で選べるそうです。

 

個人的メリット

1.客層

タクシーを利用する人の多くはビジネスパーソンですが、主婦やご高齢の方が使われる場合もあります。また、利用者について言えることはある程度金銭に余裕のある人が多いという点です。テニスを行う人はラケットやシューズなどにお金がかかるため、比較的裕福な方が多いです。そのためタクシーの利用者はターゲット層としては合っているのではと思います。

 

2.地域特異性

タクシーには営業区域というものがあり、その区域以外で活動をすると厳しく取り締まられるようです。僕の生活している埼玉では5区域に分かれています。また、実際にタクシー会社に頼むときはさらに地域が狭まるため広告の対象となる地域をより詳細に決めることが出来ます。

 

3.パンフレットをおける。

タクシー広告は社内にリーフレットという小さなパンフレットを置くこともできるため、持ち帰って家族と共有しやすいのもメリットかと思います。

 

4.タクシー運転手に広まる。

開業当初、駅から離れた場所でかつ大通りからも離れていたため、場所がわからないとの問い合わせが多くありました。その時にタクシー運転手に言ってもわからなかったという問い合わせもあり、周知には時間がかかりました。その時にこの広告を使っていれば副次的にタクシー運転手にも存在が知られたのではと思います。

個人的にはこれはタクシー広告にしかないメリットで使えばよかったと思った大きな点です。

 

個人的デメリット

1.広告掲載まで時間がかかる。

どうしてもGoogle広告などに比べると掲載まで時間がかかるので事前に契約する必要があると思います。また、季節のキャンペーンの案内などは同様の理由で向かないかと思います。

 

2.テニスをやる人に特定して送れない。

地域へ向けたチラシなどもそうですが、特定の人に向けて行う広告ではないという点はあると思います。特定の人に向けて行うとしたらネット広告が一番かと思います。

 

あとがき

こんなところですかね。上にも書きましたが運転手の周知になるのはかなりいいと感じています。タクシー運転手に言えばすぐにわかるというのは来る人からすると安心できますし、運転手が話題に上げてくれるなんてこともあるかもしれないです。

これから何かで開業する人で場所が駅から遠い場合は検討してもいいかもしれないですね!

以上です。参考にしたサイトを下に書きます。

https://www.3aaa.co.jp/traffic/taxi.html